ドライキャットフードとウェットキャットフードではどちらが良いのか

top画像

フードを二分するとドライとウェットに分けられる

キャットフードを買いにいくと、ずらっと並んだ商品の数だけでなく、種類の多さに驚かれると思います。数多くある種類のキャットフードを大きく分けるとドライキャットフードとウェットキャットフードになります。
毎日の食事として与えるのには、どちらのほうが向いているのでしょうか。

ドライキャットフードとは

ドライキャットフードは原料をミックスし、加熱して乾燥させたものです。カリカリと呼ばれることもあります。水分含有量は10%程度以下と定義されています。
一ヶ月分ほどの量が大袋に入れられて販売されることがほとんどです。

ウェットキャットフードとは

ウェットキャットフードは、素材を水煮したものです。水分量は75%ほどと定義されています。フレークタイプ、パテタイプ、スープタイプ、シチュータイプといったものは全てウェットキャットフードに含まれます。
主に一食分が缶詰やパウチに入れられて販売されています。

ドライキャットフードの利点

ではドライキャットフードの利点について考えてみましょう。

保存が利く

水分量が比較的少ないドライキャットフードは賞味期限が長く、長期の保存が可能です。開封前なら一年、開封してからも一ヶ月ほどの保管が可能です。
ただし、開封後は酸化によるフードの劣化を防ぐために密閉容器に入れたり、小袋に分けたりして空気に触れないように保存が必要です。
正しく保存する必要はありますが、ウェットフードならば開封したその日のうちに消費しなければならないことを考えると、一ヶ月近く持つというのはドライフードの大きなメリットです。

値段が安い

メーカーによってばらつきがありますが、ドライフードはウェットフードよりも比較的安いです。加えて大きな袋に入れられて販売されていることがほとんどですので、基本的に一食分で売られているウェットフードよりもコスパは良いのです。
食事は猫の生涯に渡って与え続けるものですから、出費を抑えられるならうれしいですね。

ほとんどが総合栄養食

総合栄養食とは、水とそれだけを与えておいても大丈夫なように栄養基準が満たされているキャットフードのことです。猫の主食とすべき種類のフードです。総合栄養食ではないフードだけを与え続けていると、栄養が偏って病気になりやすくなります。
市販のドライキャットフードのほとんどは総合栄養食です。そのため、持病があるといったことがなければ、ドライフードを食べていれば必要最低限の栄養を摂取することができるのです。

年齢、病気などの目的別フードが充実

ドライキャットフードはウェットフードより目的別のフードが充実しています。子猫用、老猫用といったライフステージ別のもの、毛玉用、肥満気味の猫用などの分類だけでなく、腎臓病や肝臓病など特定の疾患向けのフードもあります。
ドライフードならば自分が飼っている猫の年齢や体質、健康状態によってフードを選ぶことが可能です。

噛むことで歯垢を除去

焼成して作られたドライフードは硬くできています。そのため、猫はガリガリとかみ砕いて食べなくてはなりません。この「フードを噛む」という行為が、猫の口内の衛生に役立つのです。
噛むことで歯がフードに食い込み、歯が抜ける際に歯の表面にこびりついた歯垢を取り除くことができるのです。
歯垢はやがて歯石になり、口臭や歯周病なども引き起こしてしまいます。ドッグフードならば食べるだけで歯垢の除去に役立ち、必然的にお口のトラブルを予防することができます。これは、硬い形状のドライフードならではのメリットです。

ウェットキャットフードの利点

ではウェットキャットフードではどうでしょうか。

嗜好性が高い

猫の好みにもよりますが基本的にウェットキャットフードは嗜好性が高く、ドライキャットフードよりも食いつきが良いようです。これは、猫の本来の食性に関係しています。
ドライキャットフードは原料を細かくすり潰して焼成することによって作られます、つまり、原料が持つ形や柔らかさ、食感や匂いといったものが製造過程で失われてしまうのです。自然界にいた頃の猫はこのような加工した餌を食べることはありませんから嗜好性が比較的低く、猫によっては全く受け付けない、といった事態も起こり得ます。
その点、ウェットキャットフードは水分量が多いため、原料の食感や匂いなどがそのまま残っています。そのため、嗜好性が高くなるのです。
食の細い猫には、食欲をそそるウェットフードがおすすめです。

様々なタイプがある

ウェットフードにはいくつかのタイプがあります。そのため、猫の状況に応じてウェットフードを使い分けることができます。
例えば、スープタイプは水分不足が気になる時に与えられますし、ペースト状になっているパテタイプは薬を包んでこっそり与えるということもできます。
基本的には硬くて粒状というドライフードには無いメリットです。

水をあまり飲まない猫向き

ウェットフードには水分が多く含まれています。
ドライキャットフードはフードとは別に水を用意する必要がありますが、ウェットフードならば食べると同時に水分も摂取できます。そのため、水をあまり飲まない猫や高齢猫には向いています。

歯が弱った猫向き

水分含有量が多いことは、フードの柔らかさにも直結します。ウェットフードはドライフードよりも柔らかくできています。そのため、子猫、老猫などの噛む力が弱い猫や歯が強くない猫に向いています。

未開封なら保存が利く

缶詰に入っているウェットフードは、開けなければ数年間保存が可能です。未開封のドライフードよりも長く保存することができます。
ただし、開けたら即座に食べないといけないのは他のウェットフードと同様です。

どちらの利点も活かして与える

ドライフードとウェットフードにはそれぞれメリットがあります。どちらの方が良くてどちらはダメと決めるべきではありません。大事なのは、メリットを理解したうえでそのメリットを最大限に生かせるように使い分けることです。

基本的には総合栄養食のドライフードを

主食としていつも与えるのは、総合栄養食のドライキャットフードがおすすめです。腹持ちが良く、歯垢の除去のためにも、カリカリと噛むことが大切だからです。なによりドライフードの方が総合栄養食のものが多く、栄養バランスが整っています。
ウェットフードにも総合栄養食はありますが、ウェットフードばかり与えてしまうと、どうしても歯垢が着きやすくなります。そういった場合は、猫用の歯磨きガムを与え、定期的に歯磨きをしてあげてください。

ウェットフードはトッピングとして

ウェットキャットフードは嗜好性が高く作られていますが、総合栄養食ではない一般食の場合は栄養素の足りないものがあります。そのまま与え続けると栄養が偏ってしまいます。ウェットフードは、何回かに分けて与えるフードのうちの1食、特別のお楽しみで与えるほうがいいでしょう。あるいはドライフードのトッピングやおやつとして利用しましょう。

年齢に応じて使い分ける

猫の成長度合いに応じてドライとウェットを使い分けることもできます。
子猫のときはウェットフード、成猫期にはドライフードを中心に、高齢になったらウェットキャットフードにと、年齢に合わせて選ぶことも必要です。

【参考】
http://キャットフード.ws/reviews.html
http://www.acecatfurniture.com/rather-expensive.html
https://www.c-market.jp/sougoueiyousyoku.html